ここから本文です

サブスクリプション・サービス向けプラットフォーム「Zuora Central Platform」が日本公開

10/17(木) 17:21配信

Web担当者Forum

サブスクリプション・サービス(定額制サービス)の米Zuora,Inc.は、新しいプラットフォームである「Zuora Central Platform」を発表した、と10月16日発表した。プラットフォームの機能を利用することでZuoraの既存のアプリケーションを活用し、独自のサブスクリプション・ビジネスの構築を実現する。

サブスクリプション・サービスの形はそれぞれに異なるため、複数のシステムに渡って、運用やシステムのカスタマイズ、統合、拡張を余儀なくされている。Zuoraが構築したZuora Central Platformにより企業は、変化するニーズにも対応可能な、単一のプラットフォームを持つことができるようになった。

Zuora Central Platformでは、「条件付きロジックおよびルールを活用してワークフローをカスタマイズし、ビジネスプロセスを自動化する」「予め用意されているフレームワーク、ワークフロー、豊富なAPIを活用して、業界に特化した複数のシステムを簡単に統合する」「カスタムフィールド、カスタムオブジェクト、オブジェクトマッピングでデータモデルを拡張し、サブスクリプションの情報を管理する」などを可能にする。

最終更新:10/17(木) 17:21
Web担当者Forum

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事