ここから本文です

≪韓国ドラマNOW≫「椿咲く頃」17、18話

10/17(木) 9:36配信

WoW!Korea

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。


 16日に放送されたKBSドラマ「椿咲く頃」17、18話では、ヨンシク(カン・ハヌル)がカブリを見つけようとする様子が描かれた。

椿咲く頃の紹介と写真

 トンベク(コン・ヒョジン)は「この6年間、ありがとう」とし、オンサンの人たちに伝える感謝のメッセージを店のドアに貼った。

 これを見つけたドクスン(コ・ドゥシム)がトンベクのところへ行った。「あんたのその性格で、どこに行こうとしているんだい? 」と心配した。

 トンベクは「オンサンで6年暮らしたが、行かないでと言ってくれる人がいて良かった」と笑顔を見せた。

 そして「こんな私にいつも礼儀正しく接してくれて、ありがとう」とし、「会長のおかげで6年間、うまくやれた」と感謝した。

 トンベクは「会長が手を握って歩くときは複雑だった。母親がいたらそうだったのかな」と涙を流すと、ドクスンも泣いた。ドクスンは「情が湧いてしまったのかな」と言った。トンベクは「最後に裏切った。まずは視界から離れ、気持ちも離れるよう努力する」と涙で語ると、ドクスンは何も答えられなかった。

 その間、ヨンシクは「カブリをつかまえれば、トンベクさんを引き留められる」として、カブリを捕まえるのに熱中した。事故現場の防犯カメラを見ていた時、ヨンシクは何かを見つけ、隠れた影だとピョン署長(チョン・ベス)に知らせた。

最終更新:10/17(木) 9:36
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事