ここから本文です

【KNOCK OUT】背水の陣を敷く日菜太「勝って世界に挑戦し悔いのないように」

10/17(木) 17:46配信

イーファイト

 11月1日(金)東京・後楽園ホールで開催される『KNOCK OUT 2019 BREAKING DAWN』。そのセミメインに出場する日菜太(33=クロスポイント吉祥寺)が公開練習を行った。

【フォト】今年2月、ラジャ王者をローキックで倒しKO勝利した瞬間

 日菜太はREBELS 70kg級王者として左ミドルキックを武器に3連続防衛後、今年8月のKNOCK OUTでジョムトーン・チュワタナにダウンを奪われた末に判定負けを喫した。

 今回対戦するラーシーシン・ウィラサクレック(タイ)はタイのビッグマッチ「TOP KING」に出場しているムエタイ戦士。日本国内においてはまだ知名度のない選手だが、ウィラサクレック会長が「日菜太でもT-98でもどちらでもいい」と自信を持って送り出したという触れ込みの選手。
日菜太はこのラーシーシンにいついては「難しい相手。タイ人トレーナーからは『強い、うまい、下手したらすかされる可能性もある』と言われています」と警戒するコメント。

 しかし、5R制に手応えを感じており、「ローだけでなく腹も効かせた上で後半に仕留めたい。3Rと変わらないペースで攻めて早期決着も狙います。ラウンドが進むごとにギアが上がっていく試合がしたい。ここでしっかり勝って来年につなげます」と強豪タイ人を撃破し、狙うは8月に敗れたジョムトーンとの再戦だという。

「来年2月のKNOCK OUTにジョムトーンとやって勝って前回の負けをなかったことにしたい。その後、世界トップクラスの選手とやって悔いを残さないようにしたい」と各界に大きな波紋を投げかけた新日本プロレス東京ドーム大会への参戦の目標も失っていない。

「今回もし負けたら次の試合が引退試合になるかもしれません」と弱気な発言もしつつも、「いい勝ち方をして、『もしかして新日本プロレスに上がってもいいんじゃない? 見てみたい』と思わせる試合をしたい」と話した。

最終更新:10/17(木) 18:13
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ