ここから本文です

省エネ家電買い換えで商品券 都の独自制度「ゼロエミ」のオトク度

10/17(木) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

「冷蔵庫のお買い替えでしたら、ゼロエミ対象商品がオトクですよ」

 東京・有楽町駅前のビックカメラで冷蔵庫コーナーを見ていると、スタッフにそんな説明を受けた。“ゼロエミ”とは、なんのこっちゃ?

 国が2009~11年に実施した家電エコポイント制度を覚えている人もいるだろう。それに似た仕組みで、東京都が独自に行っている「家庭のゼロエミッション行動推進事業」のこと。冷蔵庫、エアコン、給湯器を省エネ性能が高い商品に買い替えると「ゼロエミッションポイント」として、最大2万円の商品券と1000円分のLED割引券がもらえる制度だ。

 都のプランだから、都内在住で買い替え商品を都内に設置するケースに限られるが、うれしい。フロアにある対象商品には「ゼロエミ対象」や省エネラベルの☆マークなどがついている。冷蔵庫は☆5つ、エアコンは☆4つ以上で、ポイントがもらえる。

 例えば、冷蔵庫は容積によって3ランクに分かれていて、「250リットル以下」はLED割引券1000円分と1万円分の商品券、「251リットル~500リットル」はLED割引券1000円分と1万2000円分の商品券、「501リットル以上」はLED割引券1000円分と2万円分の商品券だ。

 記者が探しているのは350リットルほどの冷蔵庫だから、合計1万3000円分のポイントが得られる寸法だ。探し当てた対象商品は、型落ちで10万円チョイ。ポイント還元率は10%を超えた。どんな対象商品を選ぶかは自由だが、割安な商品ほどオトク感が強い。

 で、ポイントはいつもらえるのか。

「『東京ゼロエミポイント登録・交換申請書』や本人確認書類と領収書のコピーなど必要書類をそろえて、都の事務局に申請すると、後日、商品券などが送付されます」(前出のスタッフ)

 締め切りは21年3月31日までだが、予算がなくなると打ち切りだ。買い替えを考えている人は急げ!

最終更新:10/17(木) 9:26
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ