ここから本文です

奈緒、小悪魔な役にぴったり 渡辺大知が証言「あな番」よりサイコに見える?

10/17(木) 21:01配信

シネマトゥデイ

 女優の奈緒と渡辺大知が17日、京都市で開催中の「京都国際映画祭2019」で上映された映画『僕の好きな女の子』の舞台あいさつに登壇。ヒロインを演じた奈緒の小悪魔的な魅力を明かした。この日は玉田真也監督も登壇した。

【画像】やっぱりかわいい奈緒!フォトギャラリー

 又吉直樹の恋愛エッセイを、新進気鋭の劇作家・玉田真也が長編映画化した本作。気弱な主人公が、恋愛を期待しながらも友だち止まりの女の子との関係に悩む姿を、リアルな会話劇として切なく描いた青春恋愛ドラマだ。

 ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)でストーカー気質の“尾野ちゃん”を演じ、一躍注目を浴びた奈緒。本作では、男子を翻弄して振り回す小悪魔的なヒロインを演じており、玉田監督は「奈緒さんに、この映画みたいに友だちだと思っていた男の人に告白されたことってありますか? って聞いたら、何回かありますって」と苦笑。「もう、このままの魅力で演じてもらおうと思いました」と奈緒のナチュラルな魅力に太鼓判を押す。

 「真顔で答えちゃいました」と照れる奈緒だが、さらに玉田監督は「現場でもスタッフの男性みんなが、奈緒さんの虜になっていました。あれ、もしかして俺のことちょっと好きかもって勝手に思い込んで、玉砕するという(笑)。打ち上げの日を指折り待っていた男たちが結構いましたよ」とジョーク交じりに現場でのモテっぷりを明かしていた。

 そこで渡辺は、尾野ちゃん役を引き合いに出し「あの番組を見た後でこの映画を観た人は、より(奈緒が)サイコに見えるかもしれない」と追随。尾野ちゃんのモノマネ付きで「『ようやく付き合えたね』って言われたら、思ってたのとちゃうってなるわ!」と叫び、満員の会場は爆笑。映画のヒロインそのままの小悪魔な一面を暴露された奈緒は、恥ずかしそうに顔を隠すばかりだった。(森田真帆)

「京都国際映画祭2019」は10月20日まで京都各地で開催

最終更新:10/17(木) 21:01
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事