ここから本文です

断水住民を温泉で支援 宿泊施設、入浴割安に 台風19号被害の熱海

10/17(木) 8:16配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 台風19号による県営駿豆水道の破損に伴う断水が続く熱海市内で16日、熱海温泉ホテル旅館協同組合加盟のホテル・旅館が、断水エリアの住民を対象に一律500円で温泉入浴できるサービスを開始した。

 断水エリアでは給水活動が続いているが、飲料用などが優先で生活用水は不足気味。サービスは「住民の不便を少しでも解消したい」と企画した。料金は各施設の通常価格に比べ、大幅に割引している。

 複合リゾート施設・アタミベイリゾートコウラクエン内の日帰り温泉「オーシャンスパFuua(フーア)」には、住民が次々と訪れた。柴田美知子さんは「断水でマンションの浴場が使えなくなった。広々としたお風呂に入れるのはありがたい」と話した。

 17日以降は南熱海網代温泉旅館協同組合の加盟施設も加わり、計23施設で実施予定。利用の際は各施設へ電話予約が必要。施設のリストは市ホームページに掲載している。

 問い合わせは市観光経済課<電0557(86)6195>へ。

静岡新聞社

最終更新:10/17(木) 11:21
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事