ここから本文です

矢崎総業、統合コックピットコンセプトを世界初公開予定…東京モーターショー2019

10/17(木) 19:45配信

レスポンス

矢崎総業は、10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」にて、クルマと人をつなぐ「見守りシステム」と「統合コックピットコンセプト」を世界初公開する。

矢崎総業の展示コンセプトは「新たなモビリティ社会に向けた挑戦」。未来につながる現在の技術とともに、新しいモビリティ社会に貢献できる同社の技術やサービスを映像で表現する。

統合コックピットコンセプトは、開発中の「統合制御ユニット」と「ドライバーモニター」を搭載。誰もが理解しやすい表示を実現する技術を用いて、手動運転と自動運転での利便性と安全性の両立を目指す。また、優れた視認性によりドライバーの安全に貢献するメーター、金属調加飾技術を活かした上質なデザインメーターなど、各種メーターを展示する。

見守りシステムは、自動運転レベル4以降のライドシェアカーにて、乗客の挙動をカメラで解析。乗客に安全・安心を、さらに運行管理者の負担軽減を実現する。

また、自動運転可能な電動車に、高効率で安全な電源システムと、セキュリティが確保された高速通信システムを搭載し、便利で多様なサービスを実現するキャビンに対応可能な電源・通信インフラシステムを車両モックアップで提案。このほか、タクシーメーターやデジタルタコグラフなどを搭載した商用車から得られるビッグデータを解析・活用し、物流業務の効率化とドライバーの安全運転支援に貢献するデータソリューションを提案する。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:10/17(木) 19:45
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事