ここから本文です

ブレグジットにうんざり?英で離脱問題扱わないTVチャンネル登場

10/17(木) 11:48配信

ロイター

[ロンドン 16日 ロイター] - 欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る混乱状態が3年続いている英国で、スカイニュースは、ブレグジットにうんざりした視聴者は多いと見込み、この問題を一切扱わないチャンネルを開始した。

2016年に国民投票でEU離脱が決定して以降、英議会は離脱を巡り協議を続けているが、離脱期日となる10月31日が約2週間後に迫る現在でも、状況は不透明なままだ。

スカイニュースの責任者ジョン・ライリー氏は発表文書で、新たなチャンネル「スカイニュース・ブレグジット・フリー」について、ブレグジットを巡る混乱状態を面白いと感じない視聴者向けだと説明。こうしたチャンネルを「貴重だと受け止める視聴者は存在する」とした上で、「ブレグジットは多大な影響を及ぼす歴史的な出来事で、引き続き広範囲に報道を続けていく」と表明した。

新チャンネルは、スカイの有料放送テレビで平日の1600─2100GMT(日本時間翌日午前1─6時)に放映される。

最終更新:10/17(木) 11:48
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事