ここから本文です

【POG】19日東京デビューの注目2頭フィリオアレグロ&レッドルレーヴ

10/17(木) 21:44配信

東スポWeb

【POGマル秘週報】台風19号の影響で先週土日の東京競馬が中止になり、慌ただしい空気に包まれる秋競馬だが、10月の東京、京都といえば好素材の新馬がデビューを迎える時期。今回は4回東京の後半戦を前に、今後にデビュー予定の逸材を中心にお届けしたい。

 それよりも先にGIIIサウジアラビアRCでデビュー2連勝を飾ったサリオス(牡・堀)は当欄でもたびたび取り上げてきたが、文句なしの勝ちっぷりで関東馬ではクラシック戦線の先頭に躍り出た感が強い。

「初戦よりもスタートから出していったこともありますが、前半から行く気になっていたし、直線も合図を出したらしっかり反応してくれました。今後は距離が延びても大丈夫そう」と森助手は初戦からの進境ぶりを口にする。同助手は堀厩舎のコメンテーターであると同時に、サリオスを担当する持ち乗り助手でもある。“一担当としての見通し”について聞くと「出走するレースに向け、きっちりケアをして送り出すだけ」と慎重な答えだったが、素質が開花してきた担当馬の成長を前に、背筋がピンと伸びた気配を感じた。

 その堀厩舎からは19日の東京芝2000メートルにフィリオアレグロ(牡=父ディープインパクト、母ジョコンダII)がM・デムーロでデビュー。半兄はGI・2勝のサトノクラウンで、2歳上のポンデザールも現在破竹の4連勝中と血統背景は文句なし。稽古の動きも週を追うごとに鋭さが増してきた。

「気性が敏感だったクラウンとはタイプが違って多少ズブい面はありますが、追うごとに動きも良化し、いい素質があります。初戦から好レース」と同助手。筋肉量が豊富で見るからに柔らかみのある好馬体。これは先々まで注目だ。

 同厩舎からは他にも26日の東京芝1600メートルに2017年セレクトセール(当歳)で2億円の値をつけたサトノフウジン(牡=父ディープインパクト、母コンテスティッド)、27日の東京芝1800メートルには“アーモンドアイの弟”サトノエスペランサ(牡=父ルーラーシップ、母フサイチパンドラ)がデビュー予定。後者は東京開幕週にデビューする予定もあったが、「歩様に硬さが出たので大事を取ってスライド。その後の動きも良く、いい状態で出られそうですし、ルーラーシップの産駒で馬格もある」。「気のいいタイプでスピードがある」という前者ともども好評価で、サリオスに続く存在になる可能性を十分に感じさせる。

 一方、名門・藤沢和厩舎のデビュー組も負けてはいない。19日の東京芝2000メートルにはレッドルレーヴ(牝=父キングカメハメハ、母ラストグルーヴ)がスタンバイ。母はエアグルーヴ直子で、セレクトセールで3億5000万円(11年)もの高値を付けたラストグルーヴ。現3歳の全兄ランフォザローゼスもクラシック路線に乗っただけに当然期待は高まる。

「良血らしく調教が進むにつれて動きが良くなり、今では古馬と同等以上に動けている。オンとオフがしっかりつくし楽しみな馬」と津曲助手。鞍上にはルメールを予定。

 他にもソウルスターリングの半妹スパングルドスター(父ディープインパクト、母スタセリタ)は20日の東京芝1600メートルを福永で、27日の東京芝1800メートルではゼノヴァース(牡=父ディープインパクト、母リズムオブライト)がルメールで前述のサトノエスペランサと対決する。

 今後もますます楽しみな好勝負が新馬戦から見られそうだ。

最終更新:10/18(金) 22:01
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事