ここから本文です

5Gドローンで山岳登山者の見守り実証実験 KDDIら

10/17(木) 17:23配信

ITmedia Mobile

 信州大学、長野県駒ヶ根市、KDDI、プロドローン、中央アルプス観光は、10月16日に5Gドローンを活用した山岳登山者見守りの実証実験を実施した。

実験イメージ

 本実験は信州大学が手掛け、登山者の位置情報を把握して見守る「山岳登山者見守りシステム」により遭難可能性が検出された場面を想定したもの。5Gタブレット・4Kカメラ・拡声器を搭載したドローンが自律飛行で飛来し、現場の確認と登山者の状況を把握。遭難者の身体状況を山岳救助本部で判断し、救助の要否確認などのデモンストレーションを行った。

 手順は、まず遭難の可能性がある場所に5Gタブレット・4Kカメラ・拡声器を搭載したドローンが自律飛行で捜索。遭難者を撮影して山岳救助消防本部の4Kモニターにリアルタイム伝送しつつ、音声伝送による拡声器の呼びかけで遭難者の状況を確認する。同時に5Gタブレットを所持した現場の救助隊員へ、ドローンの4K映像をリアルタイムに伝送した。

 本取り組みは総務省の5G総合実証試験の一環として実施。実験結果と信州大学が持つ知見を組み合わせ、山岳登山者の見守りと救助支援の高度化を検討していく。

ITmedia Mobile

最終更新:10/17(木) 17:23
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ