ここから本文です

32ビットマイコンシリーズに8ピン4製品を追加

10/17(木) 17:52配信

EDN Japan

 STマイクロエレクトロニクスは2019年9月、32ビットマイクロコントローラー「STM32G0」シリーズに、低コストの8ピンパッケージ4種を追加した。1万個購入時の参考価格は、バリューラインマイコンの「STM32G030J6」が約0.37米ドル。8ピン用開発ボードも参考価格9.9米ドルで提供する。

 今回追加された4品種は、最大59DMIPS(DMIPS:Dhrystone 100万命令/秒)の処理が可能なArm Cortex-M0+プロセッサ、最大8Kバイトの内蔵RAM、最大32Kバイトのフラッシュメモリ、A-Dコンバーター、タイマーなどの高性能機器が組み合わされている。

 マイコンの内蔵機能とI/Oピンを柔軟に割り当てられるので、基板面積を縮減し、部材コストを抑えながら、最終製品の高機能化が可能になる。また、内部発振器は安定性に優れ、広い温度、電圧範囲で±1%の精度を持つため、外付けクロックを必要としない。

追加機能を備えるアクセスラインマイコンも

 4種のうち、STM32G030J6はバリューラインマイコンとなる。その他の「STM32G031J6」「STM32G031J4」「STM32G041J6」はアクセスラインマイコンとして、AES暗号化ハードウェアアクセラレーター、セキュリティを保護するメモリ領域、多数のタイマー、96ビットの固体識別用ユニークIDなどの追加機能を備える。

 いずれも6×4.9mmの8ピンSO8Nパッケージで提供される。他のSTM32マイコンファミリー同様、低消費電力設計となっているので、消費電力の少なさが重視されるシンプルなアプリケーションに適している。

EDN Japan

最終更新:10/17(木) 17:52
EDN Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事