ここから本文です

「粘土で作られたケーキ」が本物にしか見えない 12歳の頃から作り続けてきた結果がすごい

10/17(木) 21:05配信

ねとらぼ

 粘土で作られた色鮮やかでとってもおいしそうなケーキにTwitterで驚きの声が上がっています。これら全部が粘土だと……?

【画像】12歳の頃に作った粘土ケーキ

 たくさんのフルーツがトッピングされたタルトをはじめ、ティラミス、シャルロットなど、さまざまなスイーツがテーブルいっぱいに並んでいます。しかしこれらはすべて、元は白色の粘土から作られたフェイクスイーツ(!)。何度見ても「うそだろ?」と目を疑うレベルですごすぎる……。

 制作したのは、造形作家のピヨノメさん。ツイートでは12歳のころに作った“粘土ケーキ”とともに公開し、そこから約10年以上にわたって独学で作り続けてきた結果、現在のクオリティーに到達したのだとか。楽しくてはじめた粘土でのケーキ作りを、今でも楽しんで作っているというのが、まさに好きこそ物の上手なれ。

 ピヨノメさんの作品は、東京・下北沢にあるハンドメイドショップ「素今歩(すこんぶ)」北口店のブースにて販売されているほか(※在庫が無い場合もあります)、「minne」での通販も行われています。フェイクスイーツ以外にも、樹脂で作られた美しくかわいいアクセサリーが並んでいるので、気になった方はのぞいてみるといいでしょう。

 Twitterでは8万件のいいねが集まる人気で、「一体どこまでが粘土なんだ」「全部粘土!?」と驚く声から「本物にしか見えない」「センスの塊」「お腹空いてきた」の声まで上がり、「飾りたい」「欲しい」と注文が多く寄せられているようです。

画像提供:ピヨノメ(@cray_G_lady)さん

ねとらぼ

最終更新:10/17(木) 21:05
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事