ここから本文です

中止の館山公演への思い胸に、M!LK佐野勇斗初主演舞台「里見八犬伝」開幕

10/17(木) 19:08配信

音楽ナタリー

M!LKの佐野勇斗が初の主演を務める舞台「里見八犬伝」が本日10月17日に東京・なかのZEROホールで開幕した。

【写真】「里見八犬伝」会見の様子。(メディアギャラリー他27件)

「里見八犬伝」は滝沢馬琴「南総里見八犬伝」を原作とした時代劇で、脚本を鈴木哲也が、演出を深作健太が担当する。舞台上演は今回が4度目。佐野が演じる主人公・犬塚信乃は、過去に西島隆弘(AAA)、山崎賢人が演じてきた。

本公演を前に会場では囲み取材と公開ゲネプロが行われ、取材に参加したキャストの佐野、松田凌、岐洲匠、神尾楓珠、塩野瑛久、上田堪大、結木滉星、財木琢磨と演出の深作はそれぞれに本番直前の心境や意気込みを語った。登壇者は初めに、10月14日に千葉・南総文化ホールで初日公演として行われる予定だった千葉公演に言及。台風19号の影響で会場の準備を進められずに中止となってしまったこの公演について、佐野は「『南総里見八犬伝』の発祥の地であるこの館山に以前足を運んだとき、皆さんが『南総里見八犬伝』を愛していることが伝わってきました。館山の皆さんに観てもらいたいという気持ちでがんばってきたので残念で悔しい思いがあります」と素直な気持ちを明かし「全国を回らせていただく中で、少しでも皆さんを勇気付けられる公演ができればと思っております」と前を向いた。

また、初めて務める座長という立場について感想を求められると、佐野は「ものすごく不安だったけど、周りの皆さんにたくさん支えていただいて。『舞台ってこんなに楽しいんだ』と思えました。みんなでがんばった1カ月半が、皆さんに伝わればいいなと思います」とコメントした。深作は今回の座組について「皆さん本当に素晴らしい。芝居全体のクオリティが上がっていますが、それはひとえにキャストの皆さんががんばってくれているからだと思います」と作品の仕上がりに太鼓判。そして最後に佐野は「ホントに素晴らしい作品です! 勇気と感動を与えられるよう、みんな最後までケガなく舞台に立てたらと思っております!」と登壇者を代表して意気込みを語り、会見場をあとにした。

■ 「里見八犬伝」
2019年10月17日(木)~21日(月)
東京都 なかのZERO 大ホール

2019年11月2日(土)・3日(日・祝)
大阪府 梅田芸術劇場 メインホール

2019年11月12日(火)
福岡県 福岡サンパレス

2019年11月23日(土・祝)・24日(日)
愛知県 名古屋文理大学文化フォーラム 大ホール

2019年11月30日(土)~12月8日(日)
東京都 明治座

※山崎賢人の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

最終更新:10/17(木) 19:08
音楽ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事