ここから本文です

姫野和樹 南ア戦へワクワク「自分自身に対して、チームに対して期待している」

10/17(木) 17:53配信

デイリースポーツ

 ラグビーW杯日本大会で初の8強入りを果たした日本代表は17日、準々決勝南アフリカ戦(20日、味スタ)に向けて東京都内で冒頭15分間を除く非公開練習を行った。

【写真】“業界”はラグビー好き マツコ「うちのお仲間的には姫野くんね」

 練習後には会見も行われ、ナンバー8として1次リーグ全4試合にフル出場した姫野和樹(25)=トヨタ自動車=は「世界1位、2位という素晴らしいチームとW杯本番で対戦できるのは、ラグビー選手として楽しみでしかない。南アフリカのフィジカルに対して、どれだけ前に出られるか、自分自身に対して、チームに対して期待している。ワクワクしている」と意気込んだ。

 南アフリカ相手に大番狂わせを演じた4年前の“奇跡”は帝京大の寮でテレビ観戦だった。7-41で大敗したW杯直前の壮行試合(9月、熊谷)は左足首の負傷で欠場。出場すれば南アフリカとの対戦は初となる。

 187センチ、108キロと日本人離れしたフィジカルを武器に日本の躍進を支える。英「スカイスポーツ」が選ぶ1次リーグのベスト15にも松島らと名を連ね、その活躍は世界にも知れ渡る。会見では海外メディアから「ティア1(伝統国)とティア2の概念を壊したか」と問われ、「見ての通りいいラグビーをしている。自信を持ってそう言える」と胸を張った。

最終更新:10/17(木) 18:17
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事