ここから本文です

ダチョウ倶楽部・上島竜兵、『eBASEBALL』のバーチャル始球式で“お約束”のホームラン被弾

10/17(木) 20:34配信

オリコン

 お笑いトリオのダチョウ倶楽部が17日、SMBCのW協賛が決定した『日本シリーズ・e日本シリーズ』 の会見に参加。 東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手も交えたトークセッションやバーチャル始球式では、キレのあるトークで会場の笑いを誘った。

【写真】まさかの結末?上島竜兵、ヤクルトの山田哲人選手とバーチャル始球式で対決

 「竜兵会」という野球チームにはじまり、横浜ベイスターズの始球式にも5年連続で起用されるなど自他共に認める野球好きの上島竜兵。実際のプレイについて聞かれると「ベンチで日焼け止めを塗ってるだけです(笑)」と、いつものボケで先制パンチを放つと、続けて「ベイスターズで始球式をやるとベイスターズファンになったり、こうした会見で山田選手に会うとヤクルトファンになっちゃいます。僕は今日からヤクルトファンです」と満面の笑みで“鞍替え”宣言。苦笑いする山田選手に対しては肥後克広が「こういう人間なんです」とツッコミ&フォローを入れるシーンも。

 一方の山田選手は野球を始めたキッカケについて聞かれ、「小学校の頃からゲームのパワプロ(実況パワフルプロ野球)をやっていて、そのキッカケで野球を始めました」といったレアエピソードを披露し、一同が驚愕する場面も。そんな話から、若者のゲーム熱、そして今後のeスポーツの盛り上がりを確信した上島が「俺もプロ(eスポーツ)を目指そうかな…小さい体でも、老けてても関係ないし」と58歳ながら闘志を燃やした。

 まもなくして「eBASEBALL プロリーグ」で活躍するプレイヤー4名も壇上し、本会見の見どころでもある“eBASEBALLのバーチャル始球式”を行うことに。バッターを務める山田選手に対して上島が「大人げないことはやめてくれ。ベイスターズの始球式でも必ず打たれる」と釘を刺したが、問答無用で山田選手にホームランを打たれるなど、お決まりの前フリギャグも健在だった。

最終更新:10/18(金) 19:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事