ここから本文です

力強く早船競漕 熊野速玉大社で例大祭

10/17(木) 16:45配信

紀伊民報

 和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社の例大祭「速玉祭」を締めくくる神事「御船祭」が16日に営まれ、観客の声援が飛ぶ中、大社近くの熊野川で9隻の早船による競漕(きょうそう)が繰り広げられた。

 例大祭は国の重要無形民俗文化財。

 市内を巡って熊野川の河原に到着した神輿(みこし)から神霊が朱塗りの神幸船に遷され、9隻の早船が一斉に出発。約1・6キロ上流にある御船島の周囲を回るコースで先着を競った。

 御船島近くに早船が姿を現すと、観客から「頑張れ!」などと声援が飛び、男たちは櫂(かい)を力強くこぎ、競い合って島を回った。

 写真撮影に訪れた白浜町の男性(57)は「初めて来たが、勇壮で感動した」と話した。

紀伊民報

最終更新:10/17(木) 16:45
紀伊民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事