ここから本文です

「親になろうとしてごめんなさい」目黒女児虐待死事件、友人たちが明かした雄大被告の生い立ちと“理想の家族像”

10/17(木) 10:00配信

AbemaTIMES

 東京・目黒区で船戸結愛ちゃんを虐待した末に死亡させた保護責任者遺棄致死の罪などに問われた当時の義理の父親・船戸雄大被告の判決公判が15日、東京地裁で開かれた。守下実裁判長は「もはや“しつけ“という観点からはかけ離れ、自らの感情に任せて行われた理不尽なものであったことは明らかだ」「被告人が終始保身の気持ちを優先し、被害児童の生存確保への思いは二の次であった」と指摘。「最も重い部類のものとして位置付けた」とし、懲役13年の実刑判決を言い渡した。

 結愛ちゃんが遺したメモが全国に衝撃を与えたこの事件。裁判の中では凄惨な虐待の実態とともに、「自分の思い描いた理想が強すぎた。私が…親になろうとしてごめんなさいという気持ちだ」と話すなど、背景に雄大被告の中にあった“理想像“が暴力の連鎖を生み出していたことも明らかになっていった。

【映像】友人が語る被告の素顔

 「13年という判決に対し、短いと感じる人も多いだろう。僕も取材をしていて、絶対に許されないと思ったし、同情の余地も一切ないと思った。だから彼を批判するのは簡単だが、なぜ13年ということになったのか、そして、なぜ彼がそうなってしまったのか、そのプロセスを冷静に立ち返って考えないと、予防にはつながってこない」。

 そう話すのが、事件を取材しているノンフィクション作家の石井光太氏だ。14日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、石井氏とともに、雄大被告が歪んだ“父親“になるまでを追った。

■結婚前は良好な関係…“理想的な家庭“を作りたかった?

 東京の大学を卒業後、大手通信会社に就職した雄大被告。会社を辞め、香川にやって来た。一方の優里被告は地元の高校を卒業後、19歳で結婚し、結愛ちゃんを出産。22歳で離婚していた。

 そんな2人の出会いは、飲食店のキャストとボーイとして。2か月後には恋愛関係になる。当時の店長は雄大被告について「仕事ぶりも真面目で、出勤後には1人で黙々と掃除していた。店に来た結愛ちゃんをかわいがっていたし、子どもを大事にするタイプだと思った」と振り返る。その後、2人は店を辞め、雄大被告は食品会社に就職。3人が暮らしていたアパートに住んでいたという男性は「女の子と男の人がボール遊びとかしよった。仲は良かった。泣き声とか怒鳴り声を聞いたことないなあ」と話す。この頃のことについて、優里被告も「肩車してもらったり、スキンシップを取ったり、仲良しだった。雄大の膝に乗ったり甘えていた」「結婚前はお兄ちゃんと言っていた」と証言している。

 「報道されていない話だが、優里被告の方が雄大被告に惚れ込んだ。シングルマザーとして夜の仕事をし、大変な日々を送る中、誰もが知っているような企業で働いていた男性が東京からやってきた。仕事もできるし、口も上手い。ある種、自分を厳しい世界から助け出してくれる“白馬の王子“みたいに見えた部分もあるのではないか。そして雄大被告は、優里被告が妊娠した時に結婚して4人で幸せな家庭を作ろうと決心するが、ここで僕が一つのポイントだと考えている出来事が起きる。友人の話では、雄大被告が北海道にいる母親に報告をすると、勘当をするくらいの勢いで“水商売をやっているシングルマザーで、父親が誰かも分からないような連れ子がいる人との結婚は絶対許さない“と猛反対されたという。しかし雄大は反対を押し切って結婚した。周りの人間によれば、雄大被告は“責任感のある人間“。逆に言えば、だからこそ理想的な家庭、みんなが羨むような家庭にして、母親を見返してやろうという思いが出発点になったのではないか。実際、雄大の友人たちによれば、むしろ結愛ちゃんをきちんと育てようとしていたという。土日には県外のテーマパークに連れて行き、欲しがったものは買い与えていた。結愛ちゃんも“お兄ちゃん、お兄ちゃん“と懐いていたようだ」(石井氏)。

1/4ページ

最終更新:10/18(金) 16:05
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ