ここから本文です

【映像】列車衝突直前に運転手を救出 ユタ州警官が身を挺した行動

10/17(木) 11:14配信

AP通信

センタービル、ユタ州、10月17日(AP)― 米西部ユタ州で10月16日未明、同州ハイウエーパトロール隊員が、列車が爆進してくるなか、線路上で立ち往生した車から意識を失ったドライバーを救い出したが、まさに身を挺した救出劇だった。
 車がスタックした場所は、同州センタービルで州間高速道路I-15とローカルの通勤鉄道が並行している地区で、本部からの司令で現場に急行したルーベン・コレラ隊員は、パトカーを飛び降りて線路に駆け上がった。
 同僚隊員が「列車が来るぞ、逃げろ!」と叫び続けるなかで、コレラ隊員は20代のドライバーを運転席から引きずり出し、列車が車を押しつぶす直前に、ドライバーを抱えて線路下に飛びのいた。この間約35秒。
 同州ハイウエーパトロール隊長は、隊員歴2年のコレラ隊員が取ったとっさの行動を「英雄的だった」称賛した。
 車が線路上で立ち往生した原因は、ハイウェーパトロールが調査中。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:10/17(木) 11:14
AP通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事