ここから本文です

お金を貯められない人に共通する「5つの特徴」

10/17(木) 20:02配信

クックパッドニュース

節約アドバイザー・ファイナンシャルプランナーの丸山晴美さんに、家計管理のコツや食費節約の方法を教えていただきます。お金がなかなか貯まらない…とお悩みの方も、このレッスンで丸山流節約術を学んで、貯め上手・遣い上手になりましょう!

■ ■ ■

消費税が10%に増税されて、ますますお金が貯められないと感じている人も多いはずです。お金が貯められない人には「5つの特徴」があります。

その1:住居費が手取り収入の3割を超えている

住居費を含む固定費が多いと、貯蓄へまわるお金が捻出しにくくなってしまいます。住居費は手取り収入の3割以内にして、貯蓄を合わせて4割にするのが基本です。つまり、住居費が安ければ安いほど貯蓄にまわりやすいといえるのです。住居費だけではなく、毎月支払っている保険料や通信料、教育費といった部分の割合が高い家計も要注意です。早めの見直しをしましょう。

その2:生活費の補填にボーナスを使っている

毎月なんとなくトントンだという家計の多くは、ボーナスを生活費の補填として使っているケースが多いものです。ボーナスは無かったものとして、貯蓄へまわすことで貯蓄額を大きく増やすことができます。また、このタイプの家計に多いのが、生活費が余ったら貯蓄をするといった考え方です。余ったらではなく、貯蓄は先取りにして残ったお金でやりくりをするようにしましょう。

その3:お金の優先順位が考えられない

お金は限りあるものなので、限られた中でやりくりする必要があります。しかし、お金が貯まらない人は、その優先順位を決めることが苦手です。欲しいものがあると、後先をよく考えずに買ってしまう傾向にあります。このようなお金の使い方をしていると、必ずどこかでしわ寄せがやってきます。何か欲しいものがあっても、まずはひと呼吸置いてから、本当に必要かどうかを考える必要があるでしょう。優先順位の高いものからお金を使い、低いものは後回しにするか買わないようにする必要があります。頭で考えてもなかなか優先順位が決められないこともあるので、悩んだときは紙に書き出してから、優先順位を決めると良いでしょう。

1/2ページ

最終更新:10/17(木) 20:02
クックパッドニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事