ここから本文です

高齢化進む街をコミュニティーバスで住みやすく! 市と企業の連携で交通課題の解決と地域活性化へ 香川・三豊市

10/17(木) 16:57配信

KSB瀬戸内海放送

 高齢化が進む地域の課題をコミュニティーバスの再構築によって解決しようという取り組みが、香川県三豊市で始まります。

 高齢化が進む三豊市では公共交通が発達しておらず、運転免許を返納した住民は移動が困難になるという課題を抱えています。
 そこで、地方の公共交通活性化で実績のある日野自動車と連携し、コミュニティーバスのシステムを再構築。交通の課題を解決するとともに地域の活性化も図るという取り組みです。

(三豊市/山下昭史 市長)
「動いて、いろんな消費をしてもらう。それが街の活性化につながる。それを期待しています」

 三豊市では、現状の人の流れや利用のデータを分析し、適正で効率的な人の流れを作るシステムを2年以内に構築することを目指します。

最終更新:10/17(木) 16:57
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事