ここから本文です

全日本女子ボクシング選手権開幕 宮木流奈 東京五輪へ絶対勝つ!/富山

10/17(木) 11:23配信

チューリップテレビ

 女子ボクシングの話題です。
 東京オリンピックの代表選考につながる全日本選手権が16日開幕しました。

 東京オリンピックをかけたラストチャンスに挑む宮木流奈(みやき・るな)選手を紹介します。

 富山市出身の宮木流奈選手、22歳。
 天性のスピードと一撃KOも可能な強烈な一発を武器に東京オリンピック出場を目指しています。

 「今年にかける思いはすごい強いので。絶対勝つ。絶対勝つっていう感じです」(宮木流奈選手)

 高校時代はジュニアの部で国内戦19戦18勝。
 ユースの日本代表として国際トーナメントでも準優勝を果たすなどこの世代で世界トップクラスの実力を誇りました。

 「イエーイ」(宮木流奈選手)

 そんな宮木選手を支えたのが、母・香奈子(かなこ)さんです。
 「一番の恩返しはオリンピックで金メダルをとることだと思うのでそれを実現させれるようにボクシングに力を入れて頑張りたい」(宮木選手)

 「よーい・スタート」(母)

 香奈子さんは早朝のロードワークをサポートするなど娘の夢を一番近くで応援してきました。

 「大変だけど娘の夢は私の夢…」(母)

 高校卒業後は小矢部市のスポーツ衣料品メーカーに就職。
 試合前には勤務時間を短くしてもらうなど会社の支援も受けながら、シニアの部で頂点を目指しました。
 しかし…シニア世代の壁は厚く、これまで3度、全日本選手権に挑むも、優勝には届いていません。

 「自分のボクシングができなかったことがだめだった」(宮木選手)

 思うような結果を残せず一度は競技を離れることも考えました。
 そんな宮木選手を奮い立たせたのが…
 「ボクシングをやめようかなって考えているときも周りはもったいないよって。そういうのがすごく自分の後押しになっている」(宮木選手)

 ボクシングを始めて11年。
 全日本選手権は東京オリンピック出場のラストチャンス。
 これまで支えてきてくれた母や周囲の人たちのためにも…。

 「一番わかりやすい結果で返せるのが、全日本優勝だったり、オリンピック出場だったり。結果で返せればと思います」(宮木選手)

チューリップテレビ

最終更新:10/17(木) 11:23
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事