ここから本文です

「逆転不可能!?」からの大逆転 やはり強い ルナシオンの★評価【2歳馬チェック】

10/17(木) 15:57配信

優馬

競馬専門紙「優馬」2歳馬チェック

10/14(祝・月) 東京5R 2歳新馬 芝1800m
ルナシオン 牝 馬体重:450kg
★★★★★★★ 7点
騎手:福永 厩舎:(美) 藤沢和
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング
父ディープインパクト
母ピラミマ(Unbridled’s Song)

抜群のスタートを決めたが、前半は行きたがるのを鞍上がなだめるシーンが目立った。しかも、勝負所でモタついているうちに進路が塞がり、前との差は逆転不可能にも思われたが、外に進路を切り替えると圧巻の瞬発力で一瞬のうちに差し切ってしまった。ラスト2Fが11秒2-11秒7だから差せる流れではあったが、雨が降って稍重の馬場を考えると、やはり強い勝ち方だった。

■馬体診断
顔つきは大人しそうなのだが、パドックでは少し神経質な一面を覗かせており、実戦でも行きたがったように気性面の成長は欲しいところ。ディープインパクト産駒らしい端正なシルエットで、ユッタリした歩様から中長距離向きの体型。踏み込み自体は力強いが、やや後肢が流れ気味だけに、まだ良化余地はある。

■血統診断
母ピラミマに目立った実績はないが、祖母キャリアコレクションは米GIで2着2回。本馬の半兄には大阪杯1着、ダービー2着など一線級の実力馬スワーヴリチャードがいる血統。父、母父の組み合わせはダノンプラチナ(朝日杯FS)で証明済みで、全姉のルナステラも2勝クラスを卒業間近。距離の融通は利くタイプ。

馬券の狙い目→デビュー戦の距離、厩舎の傾向を考えると狙うはオークス(東京2400m)路線。まだまだ粗削りな面はあるが、ポテンシャル自体は相当。

最終更新:10/17(木) 15:57
優馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事