ここから本文です

「崩壊する」教育現場。小学校教諭の過酷さを伝える漫画が話題。

10/17(木) 18:17配信

BuzzFeed Japan

来年度から小学校教育で必修となる外国語やプログラミング。

現場の先生たちには、新教科を教える余裕があるのだろうかーー。教員サイドの実情を伝えようと、描かれた漫画に反響が集まっています。【BuzzFeed Japan/久松 怜央奈】

【実録】教員になった私が1年で退職した理由。

もともと教員をしていた彼女。新しい教科が増えることに、素直に賛同できない理由があります。

それは、教育現場の現場を知っているから。

質より量を重視する、現在の教育に違和感を抱いています。

崩壊していく教育を救うにはどうしたらいいのかーー。

この漫画は約1万4千ものいいねを集め、話題に。

リプ欄では「教員以外の方へ。この漫画は全く盛っていませんよ」「このままでは数年で現場は、たち行かなくなります」などの声が集まっています。

日本の教育を変えるにはどうしたらいいのでしょうか。

作者は元公立小学校教員のこちゃさん。そのブラックな労働環境から適応障害になり、1年で「憧れだった」教師をやめたといいます。

「あまりの現場の忙しさに自分を大切にする時間がなくなり、病気になり、辞めました。その後、教員でなくても教育で社会に貢献したいと思うようになりました。私も昔は、教員に憧れていた。でも、後輩たちに『やりがいがあるから目指すといいよ』なんて軽い気持ちでは言えません」

その実態を伝えるために漫画を書いているという、こちゃさん。BuzzFeed Newsの取材にこう語ります。

「このような状態では、病休したり、辞めていく先生は多いままだろうなと思います。文科省の方々は、一度先生を経験されるといいのではないかと思います。経験していただけば、すぐにでも現場の危機感がわかるはずです」

最終更新:10/17(木) 18:40
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事