ここから本文です

【ドラフト特集】U-18代表最多の10安打&ベストナイン獲得の韮澤雄也(花咲徳栄)の活躍を物語る準備力 そして恩師への誓い

10/17(木) 7:30配信

高校野球ドットコム

 ドラフト注目選手の1人してあげられる花咲徳栄・韮沢 雄也。前回までは夏の埼玉大会から甲子園までの出来事を振り返ってもらった。今回は代表戦での日々、そしてドラフトへの想いを語ってもらった。

【写真】本塁打を放った韮澤 雄也

コンディション、そしてメンタルの両輪がベストナインという結果に繋がった

 初めての日本代表に選出された韮澤にとって、国際試合は苦戦を強いられることとなった。
 「日本人と違ってボールが少し動くので、なかなか打ちにくい。また、スピードボールがほとんどだったので、対応するのが難しかったです」

 また外国人特有の投球フォームにも苦労したが、韮澤は自分なりに考えて対応策を考えた。その対応策がタイミングだった。
 「今までは自分の間でタイミングを取っていましたが、早めにタイミングを取るようにして間を作るようにしました」

 自分のペースではなく、相手にペースに合わせる。この作戦がハマり、韮澤は活躍することが出来た。
「速球や動くボールをしっかり打てた。絶対に打てないような投手はいなかったですし、自分の思うようなバッティングに近くて良かったです」と納得の内容だった。

 しかし、これだけが韮澤の活躍を支えていたわけではなかった。それはコンディション、そして気持ちの2つだった。
 「コンディションは体重と睡眠ですね。睡眠はチームで『7時間以上寝よう』、と徹底しました
そして体重。日本ではホテルが良かったので、食べ過ぎないように。逆に韓国だと時々辛い食事もあって食べられない時もありましたが、栄養士さんもいたのでそういったところに気を付けながら体重維持に努めました」

 そして気持ちについて、「試合では挨拶の整列がなかったですし、攻守の切り替えや整備はゆっくりで、引き締まった空気感がなかったです。なので、花咲徳栄の時から自分のゾーンは大事にしてきましたが、代表でも自分のゾーンを大事にしてきました。高校野球と同じように気持ちを入れて、集中力を高めて全試合に挑んでいけたからだと思います」

 自分のルーティーンを大事にしっかり試合に入る。そのためにも自分の時間を作り、準備を整えてきた。その姿勢はまさにプロそのものだ。

1/2ページ

最終更新:10/17(木) 7:30
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事