ここから本文です

北陸電力 七尾大田火力2号機 あす運転再開/富山

10/17(木) 11:25配信

チューリップテレビ

 北陸電力は運転を停止していた石川県の七尾大田(ななお・おおた)火力発電所の2号機について、17日運転を再開すると発表しました。
 また、福井県にある敦賀火力発電所の2号機についても、来月末に運転を再開します。

 七尾大田火力発電所の2号機は今年7月、タービン軸に異常な振動を検知したため運転を停止し、その後の点検で低圧タービンの翼3枚の損傷を確認しました。
 北陸電力の調査で原因は、去年9月に別の翼が損傷した際、海水が混入しその塩分で金属の強度が低下したことなどでした。
 そのため再発防止策として低圧タービンの翼568枚を海水の影響がない新型に交換し、17日運転を再開します。
 また、敦賀火力発電所の2号機も今年9月にボイラー内が高温となり損傷し、運転を停止していました。
 現在は高温が生じる恐れがあるボイラー管87本の取り替えを進めていて、来月末の運転再開を予定しています。
 これまで運転停止していた2つの発電設備はどちらも出力70万キロワットで管内最大でこれまでの発電停止による損益については算定中だとしています。

チューリップテレビ

最終更新:10/17(木) 11:25
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事