ここから本文です

北陸ウェルフェアゴルフ ゴルフ通じて福祉支援を/富山

10/17(木) 16:28配信

チューリップテレビ

 ゴルフを通じて寄付金を募り、障害者福祉の支援を目指す「北陸ウェルフェアゴルフトーナメント」が小矢部市で開かれています。

 この大会は、障害者福祉への理解を深めようと1998年のプレ大会から毎年開催されているもので、亡くなられた三笠宮寛仁さまが顧問を務めていました。
 今年は、富山市出身の森口祐子プロなど県内外から123人が参加しました。
 大会では、4つのショートホールで、パーやバーディーを取ると「ご祝儀」として、また、ワンオンできなかった場合はペナルティーとして、寄付金を納めるルールとなっています。
 去年までに集まった寄付金の総額は、およそ2200万円にのぼり、北陸3県のデイサービスや障害者就労支援施設などに贈られてきました。
 今年の寄付金は、石川県の福祉施設で、活用される予定です。

チューリップテレビ

最終更新:10/17(木) 16:28
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事