ここから本文です

佐々木朗希「日本最速を更新したい」 ロッテの交渉権獲得を受け抱負

10/17(木) 18:14配信

AbemaTIMES

 17日に都内で行われたプロ野球ドラフト会議2019。その1巡目指名でパ・リーグの日本ハム、ロッテ、楽天、西武の4球団が競合の末にロッテの井口監督が交渉権を引き当てた大船渡高校の佐々木朗希投手が会見を行い、「日本最速を更新したい」と抱負を語った。

【映像】佐々木投手、会見の模様

 抽選を待つ間は「どこの球団になるのか」と緊張していたと話した佐々木は、交渉権を獲得したロッテの印象について問われると「12球団応援がスゴイ」と答える一方「武器はストレート。しかしプロではストレートだけでは通用しないので、他の球種も磨いていきたい」とプロ入りに向けて気を引き締めた。

 家族にはたくさん迷惑を掛けたと話した佐々木は「感謝の気持ちもあるが、これがスタートライン。一生懸命頑張っていきたい」と語り、ドラフトを見守った監督やチームメイトに対しては「僕一人ではここまで成長することは出来なかった。感謝の気持ちでいっぱい」と感謝を述べた。

 自己最速163キロの記録を持つ佐々木だが、プロで目指す球速について問われると「今ある日本最速を更新したい」と力強く抱負を語った。なお現在の日本球界最速は同じ岩手県出身で現在は米大リーグ・エンゼルスに所属する同郷の先輩である大谷翔平が2016年にマークしている165キロ。

最終更新:10/17(木) 18:30
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事