ここから本文です

4球団競合ドラフトから1年…中日・根尾は宮崎でマルチ安打「早いな、とは感じます…」

10/17(木) 19:34配信

中日スポーツ

◇17日 みやざきフェニックス・リーグ 中日2-0韓国サムスン(SOKKEN)

 昨年のドラフト会議で4球団競合の末に中日入りした根尾は「3番・遊撃」でスタメン出場。1、2打席目に中前打を放って3打数2安打で3試合ぶりのマルチ安打を記録した。

 根尾にとって「基本。戻る場所」という投手方向への打球。「2本ともツーシーム系の球です。センターに打てたことはよかった」。運命のドラフトから1年。「早いな、とは感じます」と言葉を選んだ。取材に応じたのは試合と練習を終えた後の午後5時。ドラフト会議直前とあって「まだ(今年のドラフトで新人が)選ばれてもいないので、実感がわかないというのは本当です」と打ち明けた。

 関係者によると、宮崎市内の宿舎へのバス移動中にドラフト結果を確認したようだ。伊東ヘッドコーチは「もう1年ですね」としみじみ。「打席で間合いが取れていないときがあるので、少し助言をした。きょうは試合前練習から調子が良かったからね」と成長に目を細めた。

最終更新:10/17(木) 19:57
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事