ここから本文です

NTT Com、多段エッジコンピューティングを組み合わせたローカル5Gの実証実験

10/17(木) 8:00配信

BCN

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、多段構成のエッジコンピューティングを組み合わせたローカル5Gの実証実験環境を構築し、2020年2月から検証を開始する。



 NTT Comは、端末の距離が異なる複数のエッジサーバーを多段で構成し、ニーズに応じた最適な位置のデータ処理を可能にする多段エッジコンピューティングの技術開発に取り組んでいる。今回、この技術をローカル5Gと組み合わせることで、トラフィック制御やセキュリティなどの機能を加えた高付加価値な無線ネットワークを構築し、技術的な検証や、ビジネスへの活用に必要な仕様の検討などを進める。

 実証実験は、NTT Comのラグビーチーム「シャイニングアークス」のホームグラウンド「アークス浦安パーク」に実験環境を構築する。検証では、ローカル5Gで用いる電波の伝搬・通信特性や、システムの機能検証を実施する。

 19年内にローカル5Gの有効な活用が見込まれる産業オートメーション分野で、規格の標準化を進める「OPCファウンデーション」に参画する予定。また、スポーツ分野や「Smart Factory」における利用など、さまざまな活用事例を想定しながら、「VxF基盤」に求められる要件を抽出していく。20年度以降は、NTT Comが提供する「Smart Data Platform」や「Flexible InterConnect」と組み合わせた実証実験を複数拠点で実施する計画だ。

最終更新:10/17(木) 8:00
BCN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事