ここから本文です

エバートン、今夏加入MFグバミンの手術成功を報告

10/17(木) 3:20配信

超WORLDサッカー!

エバートンは16日、コートジボワール代表MFジャン=フィリップ・グバミンの右太モモの手術が成功したことを発表した。離脱期間は3カ月となる。

8月のトレーニングで右大腿四頭筋の腱を損傷したグバミンは、10月の初めにトレーニングに復帰したが、再び同箇所を負傷。これを受け、完治を目指すグバミンはフランスで手術を行ったとのことだ。

186cmの体躯を生かした球際の強さと複数ポジションをこなせるユーティリティ性を武器にマインツで台頭したグバミン。今夏にはパリ・サンジェルマン(PSG)に旅立ったセネガル代表MFイドリサ・グイエの後釜として、推定2500万ポンド(約32億4000万円)の移籍金でエバートンに加入。

プレミアリーグ開幕節のクリスタル・パレス戦で途中出場ながら新天地デビューを飾ると、第2節のワトフォード戦では初先発で今季初勝利に貢献していた。

超WORLDサッカー!

最終更新:10/17(木) 3:20
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事