ここから本文です

サラゴサ、連勝失敗で2位浮上逃す… 途中出場の香川も見せ場を作れず《ラ・リーガ2部》

10/17(木) 5:55配信

超WORLDサッカー!

香川真司の所属するレアル・サラゴサは16日、ラ・リーガ2部第12節でフエンラブラダと対戦し、2-1で敗戦した。香川は73分からプレー。

前節、ヌマンシアに勝利した3位のサラゴサが、6位フエンラブラダのホームに乗り込んだ一戦。香川が今季初のベンチスタートとなった試合は、35分にバイタルエリア中央でFKを与えると、これをウーゴ・フライルに直接決められ先制を許す。

先制されたサラゴサは0-1で前半を折り返すと、58分にジェームズ・イグベケメとアレクシス・ブランコを下げてアルベルト・ソロとルイス・スアレスを投入する2枚替えを敢行。

すると、直後の59分にチャンス。フリアン・デルマズのサイドチェンジをボックス左横で受けたジョルジ・ポンボがカットインを狙うと、ボックス内でミケルに倒されPKを獲得。このPKをハビエル・ロスがゴール中央右に沈め、同点に追いついた。

試合を振り出しに戻したサラゴサだったが、67分にピンチ。右サイドをオーバーラップしたミケルの右クロスを直前に投入されたイバン・サルバドールに流し込まれ、勝ち越しを許してしまう。

再びリードされたサラゴサは、73分にギオルギ・パイナシュビリを下げて香川をピッチに送り出下が、最後まで見せ場を作ることは出来ず。試合はそのまま2-1で終了。サラゴサは2位浮上のチャンスを逃した。

超WORLDサッカー!

最終更新:10/17(木) 9:31
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事