ここから本文です

富士スピードウェイ 海外から参加の関係者、どう思っている? チーム/WEC主催者インタビュー

10/17(木) 18:50配信

AUTOCAR JAPAN

海外メンバー 富士スピードウェイをどう思う?

text:Kumiko Kato(加藤久美子)


10月5~6日、2019~2020 FIA WEC第2戦が富士スピードウェイで行われた。TOYOTA GAZOO Racingが1/2フィニッシュを飾って幕を閉じた。

【写真】WECトヨタ優勝 オフショットも (102枚)

今回は世界8か国から24チーム、24か国のドライバーがエントリーした。

国際レースらしい華やかな雰囲気の中、パドック前には車両やパーツ類を運んできたコンテナがずらっと並び、大勢の海外チームのスタッフが作業をしていた。

プレスルームも海外から来た報道陣が半分以上を占めている。海外の人々から見た富士スピードウェイはどのような存在なのだろうか?

海外のプレス担当者に富士スピードウェイの印象と日本のファンについて聞いてみた。

ポルシェチーム 広報担当者 Roman Wittemeierさん

「人々はフレンドリーで、非常に効率的です」

「わたしたちドイツ人も同じく効率的で全てにルールがあるので日本人にはシンパシーを覚えアットホームな雰囲気を感じます」

「富士山が近い地理的条件も素敵でサーキットも非常に歴史があります。施設もよく、仕事をするのに最適で完璧な場所です」

「富士に来たのは初めてですが、10年以上モータースポーツのジャーナリストをやってきたので、別の角度からの富士を知っています」

「非常に長いストレートがあり、他のセクションも複雑でユニーク。まさに特別で魅力的。ドイツには『オシャースレーベン』(Oschersleben)という全く魅力がないサーキットがありますが、わたしは特徴あるサーキットが好きですね」

「ルマン、デイトナ、セブリングなど世界には歴史的なサーキットが多くありますが、富士もその1つ。中でもトップに位置すると思います」

「ホスピタリティも素晴らしく他のサーキットに比べたら完璧。アメリカの昔からあるサーキットで取材することもありますが、そこでは古めかしく狭い木造の小屋のようなメディアセンターで驚きました(笑)」

1/3ページ

最終更新:10/17(木) 18:50
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事