ここから本文です

「圧倒的」だった助っ人投手は…日本で活躍する元メジャーリーガーを米メディア紹介

10/17(木) 12:49配信

Full-Count

オリックスディクソン、DeNAエスコバー、阪神メッセンジャーらにも言及

 カージナルスでプレーオフ初戦の先発を務めるまでになった元巨人のマイルズ・マイコラス投手をはじめ、日本で活躍した元メジャーリーガーが再びMLBで活躍するケースは度々みられる。メジャーリーグの移籍情報サイト「トレード・ルーモア」は「エリック・テームズ、マイルズ・マイコラス、クリス・マーティンなどは2019年にMLBで大きな役割を果たした。以下の選手たちがそうなるかは分からないが、間違いなくその道はある」と日本にいる選手たちに注目。球団ごとに紹介している。

【動画】「三振にしろ!」命令→要求通り7奪三振…マイコラス愛娘の可愛すぎる“鬼コーチ”姿

 投手では、西武残留が決まったザック・ニール投手、広島のクリス・ジョンソン投手らが登場している。

○西武
 メジャー時代、ドジャース、アスレチックスに所属したザック・ニール。今季は100回1/3、防御率2.87の成績を挙げた。同サイトは右腕に注目しながらも「彼はメジャー復帰を目指しているかもしれないが、BB/9の1.3は素晴らしくても、K/9 4.6は懸念される。右腕カイル・マーティンとデュアンテ・ヒースもライオンズに貢献した」と西武の同僚らにも言及。ニールは16日に西武と来季契約を結んだことが発表されている。

○ソフトバンク
 2018年からソフトバンクに所属するミランダについて「マリナーズファンは、2016-18年に40試合に先発登板したキューバ人の左腕アリエル・ミランダを覚えているだろう」と紹介。今季は86回、防御率4.19、58奪三振、48与四球だった。また2012年までメジャーでプレーしていたリック・バンデンハーク投手はKBOでプレー後、NPBに入った。「彼はホークスで今季17回1/3しか投げていないが、防御率3.12とし、22奪三振、2与四球は素晴らしい」とその成績を評価した。

○楽天
 在籍する元メジャーリーガー、アラン・ブセニッツ投手とフランク・ハーマン投手は「圧倒的なセットアッパーのコンボだった」と同サイトは高く評価。ブセニッツは元ツインズで、今季は51回を投げ防御率1.94、K/9 7.9、BB/9 3.5という成績を紹介している。ハーマンも47回1/3を投げ防御率3.04、49奪三振、16与四球。「ハーマンは来季36歳となるが、ブセニッツはまだ29歳である」とその若さにも注目している。マイコラスがメジャーに復帰したのは30歳のシーズンだった。

○日本ハム
 日本ハムの元メジャーリーガーたちには「貢献度は低かった」と低い評価を与えた。右腕ジョニー・バーベイトは32回を投げ、防御率5.63。元カブスの右腕ジャスティン・ハンコックは「7回投げたが、かなり打たれた」と紹介、両選手は11日に退団が発表されている。また「パドレスの熱狂的なファンはマイナーリーガーだった右腕ブライアン・ロドリゲスを覚えているかもしれない」とロドリゲスの成績を紹介。今季は34試合で91回1/3を投げ、6勝7敗、防御率3.25だった。

○オリックス
 元ツインズ、マリナーズの左腕アンドリュー・アルバースは加入初年度の昨季は「圧倒的」だったが、今季は63回1/3、防御率5.83と成績を落としたと指摘。プレミア12のアメリカ代表にもなっているディクソンは今季35回2/3を投げて防御率3.03。2013年からNPBに在籍しているためか「忘れられているかもしれないが」としながらも「元カージナルスの右腕は素晴らしい7年目とした」と言及。また元パイレーツのプロスペクトで今季加入したタイラー・エップラーの成績を31回1/3、防御率4.02、K/9 7.2、BB/9 2.6と紹介している。

1/2ページ

最終更新:10/17(木) 14:05
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事