ここから本文です

出品茶道具を品定め 金沢城・兼六園大茶会作品展

10/17(木) 0:53配信

北國新聞社

 金沢城・兼六園大茶会で使用された新作茶道具を展示、販売する出品作品展(石川県茶道協会、本社主催)は16日、金沢市のめいてつ・エムザ5階美術サロンで始まった。12~14日の大茶会のために地元作家が制作した茶碗や花入れなど約140点が並んだ。

 最高賞の県茶道協会会長賞に輝いた冨樫廣さん(金沢)の「珠洲水指(みずさし)」をはじめ、一般公募の入賞入選作と、文化勲章受章者や日本芸術院会員、人間国宝らによる委嘱作も展示された。来場者はもてなしの席を振り返りながらじっくりと品定めした。22日まで。

北國新聞社

最終更新:10/17(木) 0:53
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事