ここから本文です

EUと英国が離脱協定で合意-DUPは不支持、議会承認は不透明

10/17(木) 19:50配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 英国と欧州連合(EU)は17日、離脱協定案で合意に達した。合意は英国が46年間メンバーだったEUから離れる道筋を整えるものだが、北アイルランドのプロテスタント強硬派、民主統一党(DUP)は支持できないとしており、英議会での承認は不透明だ。

DUPの不支持で議会での可決はかなり厳しい。ジョンソン英首相が10月31日の秩序ある離脱を実現させるには、19日に予定されている採決で合意案に議会の承認を得なければならない。

DUPの党関係者3人は、同党議員は賛成票を投じないと述べた。北アイルランドと英国本土の間で税関検査が行われることなどに不満を表明した。ジョンソン首相は7月の就任以降、一連の重要な採決で敗北が続き、下院で過半数も持たない。それでも首相は、高揚したツイートで合意を発表した。

離脱合意はEU加盟国の首脳らが17日、ブリュッセルで開くサミットで内容を吟味するのにぎりぎり間に合った。合意が確認されてから数時間後にユンケル欧州委員長とともに会見したジョンソン首相は、「双方がこなした大量の作業を反映する合理的で公平な結果」だと合意を評価した。10月31日にEUを「英国全体で完全に」離脱するとも述べた。

ユンケル委員長も期限延期の必要はないと話し、合意については満足だが「英国の離脱は残念だ」と付け加えた。

DUPの票が得られない場合、ジョンソン首相は説得に応じる可能性がありそうな75人前後の議員に働き掛ける必要がある。議会の承認確保は、英国をEUから離脱させるというジョンソン氏の野望の前に立ちふさがる最後のハードルだ。

これを乗り越えれば、同首相は国民投票でEU離脱が選ばれて以来3年にわたる政治混乱に終止符を打つことができる。一方、議会で否決されれば離脱延期を余儀なくされるか、合意なき離脱に至る恐れが再び浮上するかもしれない。延期ならほぼ確実に、数週間内に総選挙実施が決まる見通しで、さらに再度の国民投票となる可能性もある。

原題:EU and U.K. Reach Agreement on Brexit But the DUP Still Says No(抜粋)EU and U.K. Reach Agreement on Brexit But the DUP Still Says No

(c)2019 Bloomberg L.P.

Ian Wishart, Tim Ross, Nikos Chrysoloras

最終更新:10/17(木) 22:54
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事