ここから本文です

ロナウジーニョが19歳FWに太鼓判「彼はまもなく世界一になる」

10/17(木) 20:05配信

ゲキサカ

 元ブラジル代表FWのロナウジーニョ氏が同胞FWの将来に太鼓判を押した。スペイン『エル・ペリオディコ』が伝えている。

 ブラジルが誇るスーパースターから期待の言葉をかけられたのは、レアル・マドリーに所属するブラジル代表の19歳FWビニシウス・ジュニオールだ。

 過去にロナウジーニョ氏も在籍したフラメンゴでプロキャリアを始めた“ブラジルの至宝”は、同クラブで2シーズンを過ごした後、2018年夏に4600万ユーロ(約56億円)でレアルに移籍。加入1年目にトップデビューを果たし、今季は公式戦7試合で1ゴール1アシストを記録している。

 ロナウジーニョ氏は自身が出場するコロンビアでのエキシビションマッチに先立って行われた会見でビニシウスについて「彼はすでに世界最高のクラブの1つにいる。近いうちにそこで世界最高の選手になるだろう」と期待を込めて語った。

 また、ロナウジーニョ氏はバルセロナ時代に自身も数多く経験してきたレアルとの“クラシコ”に言及。26日にカンプ・ノウで予定されている大一番はバルセロナ市内での抗議デモの影響により、スタジアム変更の可能性も噂されているが、「多くのゴールが生まれ、ビッグネームたちが現れる素晴らしいゲームになることを願っている」と試合を心待ちにした。

最終更新:10/17(木) 21:34
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事