ここから本文です

イングランド戦で人種差別言動の6人を逮捕、ブルガリア警察

10/17(木) 17:08配信

BBC News

ブルガリア警察は16日、サッカー欧州選手権(ユーロ2020)予選のイングランド戦で黒人選手に対する人種差別的な言動をしたブルガリアのファン6人を逮捕したと発表した。他に9人を特定し、その内の6人を取り調べているほか、3人の行方を追っているという。

ブルガリア・ソフィアで14日に行われた試合は、イングランドが6-0で勝ったが、試合前半では地元ブルガリアのサポーターたちによる人種差別的なチャント(合言葉などを大声で一斉に繰り返すこと)が原因で、プレーが2度にわたり中断した。

ブルガリア内務省のゲオルギ・ハジエフ氏は、「我々はこのような行動を容認しない」と述べた。

ブルガリア・サッカー連合のボリスラフ・ミハイロフ会長は15日、辞任した。

イングランド・サッカー協会(FA)と欧州サッカー連盟(UEFA)はブルガリアの一部の「過激主義」なサポーターの行動を非難。UEFAのアレクサンドル・セフェリン会長は、「フットボールの家族と各国政府」に対して「人種差別主義者に対して戦争する」よう呼びかけた。

FAはイングランド代表選手たちへの全面的な支援を表明。選手たちへのカウンセリングも提供している。

ブルガリア代表のクラシミル・バラコフ監督は試合直後、チャントは聞いていないと話していた。

ブルガリアのサポーターについては今年6月にも、チェコやコソヴォ相手の試合で差別的な言動があり、UEFAがイングランド戦の客席の一部を立入禁止にするよう指示。イングランドのギャレス・サウスゲイト監督は試合前に選手たちを集めて、そのような差別言動があった場合のUEFAの取り決めを確認するなどしていた。

しかし、バラコフ氏は16日にフェイスブックへの投稿で、14日の試合で問題があったことを認め、「イングランドの選手たちと、不快な思いをした全ての人」に謝罪。「あらゆる形の人種差別は、正常な人間関係に反する受け入れがたい振る舞いだと非難します」と書いた。

ブルガリアの伝説的名選手、フリスト・ストイチコフ氏は、テレビの取材でこうした事態をどう防ぐべきか質問されると、そのような振る舞いをする「ファンは競技場に入れない、あるいはもっと厳罰に処するべきだ」と、感情もあらわに強調した。

「イングランドが長年そうだったように。5年は競技場に入れないとか。人を苦しめてはならない」とストイチコフ氏は続けた。同氏は、1985年5月29日にベルギー・ブリュッセルのヘイゼル・スタジアムで行われたUEFAチャンピオンズ・カップ決勝(リヴァプール対ユヴェントス)の試合前に、サポーター同士の衝突から39人が死亡した、いわゆる「ヘイゼルの悲劇」を念頭においていた様子。UEFAは当時、リヴァプールに6年間、イングランドのサッカー・クラブに対して5年間、国際試合への出場停止を命令した。

■「案内係もチャントに加わった」

欧州の反差別団体「FARE」によると、競技場では約20人のスチュワード(案内人)が、目印の蛍光ベストを脱ぐと、差別的言動や極右行動に参加したという。

FAREはスタンド各所に関係者を配置し、状況を観察していた。目撃した内容はUEFAに報告したという。

FAREのピアラ・パワー代表は、「東欧ではよくあることだ。サポーター同士、お互いのことをよく知っているからと、会場警備にファンを使う。しかし、ベストを脱いでチャントに参加していいわけがない。一部の国ではそこに問題がある。警備のやり方が、目的に見合っていない」と説明。「ブルガリアを選手権から追い出すよう、UEFAに呼びかけている」という。

■選手たちが非難

ブルガリアのサポーターの一部は試合中、ナチス式敬礼をしたり、サルの鳴きまねをしたりした。

これについてイングランドのMFジョーダン・ヘンダーソンは、「吐き気がする」振る舞いだと非難。「もちろん、不愉快だった。こんなことが2019年にあっていいはずがない」と話した。

ブルガリア戦が国際試合デビューだったDFタイローン・ミングスは、試合前の準備運動中に「まぎれもなくはっきり」、人種差別チャントを聞いたと話した。

ストライカーのマーカス・ラッシュフォードは、「プレーしにくい状況で、2019年にこんなことがあるのはおかしい」とツイート。「自分たちがそれをものともせず3点を入れたのは、誇らしいことだ。でも、こんなことは撲滅しないと」と書いた。

(英語記事 Bulgaria v England: Police arrest six following racist abuse at Euro qualifier)

(c) BBC News

最終更新:10/17(木) 17:36
BBC News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事