ここから本文です

アラハタ世代女性の8割超、遊ぶ場所は「検索エンジン」より「Instagram」で検索 【SHIBUYA109 lab.×MachiTag共同調査】

10/18(金) 8:21配信

Web担当者Forum

「SHIBUYA109 lab.」を運営するSHIBUYA109エンタテイメントと、「MachiTag」を運営するジギョナリーカンパニーは、20歳前後(15~24歳)のいわゆるアラハタ世代“around20”の女性を対象に、「SNSのハッシュタグ検索とその実態」に関する共同調査を実施した。

 

Instagramでも「○○さんと繋がりたい」というキーフレーズ検索が活発

around20を対象に、まず「遊びに行く場所を検索する際に使用する検索ツール」を聞くと、「検索エンジン(Google/Yahoo!など)」57.0%、「Twitter」32.7%を大きく上回り、「Instagram」82.9%が1位だった。

Instagramでの検索は、基本的に「ハッシュタグ」を検索していると考えられる。そこで「ハッシュタグ検索を使うタイミング」について聞くと、「行きたいカフェを探すため」56.4%、「友達と遊びに行く場所を決めるため」52.0%、「ファッションのコーデの参考にするため」37.6%が上位となった。いわゆる“インスタ映え”のために、ビジュアルセンスの高い店舗・場所・アイテムを見つけるのが、検索の主目的となっている模様だ。

さらに「どのような検索を行っているか」を、食(FOOD)、衣(FASHION)、COSME(化粧品)、OTAKATSU(ファン活動)の4ジャンルについて具体的に聞くと、以下のような検索キーワードが上位となった。


■ 食(FOOD)

・1位:#地名+カフェ
・2位:#カフェ巡り
・3位:#地名+グルメ



■ 衣(FASHION)

・1位:#ブランド名+コーデ
・2位:#アイテム名
・3位:#おしゃれさんと繋がりたい



■ COSME(化粧品)

・1位:#ブランド名
・2位:#コスメ
・3位:#韓国コスメ/メイク



■ OTAKATSU(ファン活動)

・1位:#アーティスト/コンテンツの名前
・2位:#○○好きさんと繋がりたい
・3位:#隠しきれないオタク

1/2ページ

最終更新:10/18(金) 23:36
Web担当者Forum

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事