ここから本文です

宇都宮を支えるライアン・ロシター、『ブレックスメンタリティー』で千葉を撃破

10/18(金) 17:05配信

バスケット・カウント

攻守で圧巻の活躍、強豪の千葉をアウェーで下す

文=丸山素行 写真=B.LEAGUE


10月16日、宇都宮ブレックスは千葉ジェッツのホーム、船橋アリーナに乗り込んだ。終盤まで接戦が続いたが、最終クォーター残り6分からディフェンスの強度を上げて約4分間を7-0としたことが決定打となり、宇都宮が76-69で勝利した。

この試合、宇都宮は前節の滋賀レイクスターズ戦で負傷したジェフ・ギブスと竹内公輔が欠場。インサイドでの苦戦が予想された。

そんな中、19得点20リバウンド5アシスト4スティールという素晴らしいスタッツを残し、チームを勝利に導いたのがライアン・ロシターだった。チームの総リバウンド36本中20本がロシターによるもので、千葉のセカンドチャンスポイントを最低限に抑えたことも勝利の要因となった。

「出れなかった2人はリバウンドでの貢献が大きいので、そこに関してはいつも以上に絡もうと意識した」とロシターは言う。それでも、「リバウンド以外の部分はいつも通りで、チームのオフェンスをいつも通りやるだけだった」と、特に気負わず試合に臨んでいた。

インサイドの主力選手2人を欠いたことで、プレータイムも伸びた。最終クォーター開始をベンチで迎えるも、すぐに橋本晃佑が個人3つ目のファウルをコールされ、十分な休みを与えられないままコートに立つことになった。この試合がデビュー戦のシャブリック・ランドルフもファウルトラブルを抱えたことで、ロシターは両チーム最長となる35分間コートに立ち続けた。

「終盤には疲れを感じた部分もあった」というが、「身体のケアをしっかりして、長い時間プレーしなければいけない場面に備えているから特に問題ないよ」と、常にこうしたアクシデントを乗り越えるための準備ができていると明かした。

また、「安齋(竜三)コーチにベンチに下げられると、『早く出してくれ』というオーラを出してウザがられているくらいなので(笑)」と話し、長くプレーすることはウェルカムなようだ。

1/2ページ

最終更新:10/18(金) 17:05
バスケット・カウント

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事