ここから本文です

ある小説をめぐるスリラーミュージカル『アンクル・トム』日本初演開幕

10/18(金) 17:44配信

チケットぴあ

日本初演のミュージカル『アンクル・トム』が10月18日(金)、東京・博品館劇場で開幕する。出演は上口耕平、池田有希子、内藤大希、新納慎也という実力派の4人。直前に行われた最終舞台稽古を取材した。

舞台は1980年代のロンドン。作家志望の青年ケビン(上口)は、あるきっかけで隣人のトム(新納)と親しくなる。小説が好きだというトムはケビンの勧めから処女作『操られた殺人』を書き上げるも、病に倒れてしまう。ケビンはトムの小説を盗み注目のミステリー大賞に応募、最優秀作家賞を受賞してしまうのだが、そんなある日、死んだと思っていたトムがケビンの前に現れる。折りしもその頃、ロンドンでは連続殺人事件が発生していて……。先の読めないサスペンスフルなストーリーを、ドラマチックな音楽が彩っていく。

オリジナルは、韓国の「大邱ミュージカルフェスティバル」で今年発表されたばかりの作品。このフェスティバルではトライアウト的な公演だったため、今回の日本版でミュージカルとして本格的に練り上げられたという。本国での本格的上演を前にして、日本版として再構築し上演されるというのも珍しいパターンだ。

出演者は実力派揃い。ケビン役の上口耕平は近年歌唱力・演技力とも磨きがかかり、めきめきと存在感を増している注目株だ。今回も盗作をきっかけに追い詰められ、ある選択をせまられる青年のギリギリの心理を熱演。トム役の新納慎也はこの人らしい華やかさを封印、腹の読めない謎めいた初老の男を演じ新境地を開いた。このふたりのセリフ、歌の応酬はスリリングかつ大迫力で、見応え十分。出版社の編集長役の池田有希子は知的さと苛烈さを上手くブレンドし、ケビンの親友役の内藤大希もミステリアスな空気で物語にさらなる謎を投入。キャスト陣の熱演で、たった4人とは思えない、緊迫感のあるミュージカルになっている。近年「韓国ミュージカル」はミュージカルの大きな1ジャンルに成長しつつあるが、また1作、注目の作品が誕生しそうだ。

公演は10月27日(日)まで同劇場にて、チケットは発売中。なおこの作品では次世代の俳優育成を目的とした〈エンカレッジデー〉が期間中3公演設定され、こちらには山田元、高畑こと美、ユーリック武蔵が出演(特別出演として新納も同役で出演する)。〈エンカレッジデー〉はチケット価格も安く設定されている。将来の演劇界を支援するこの試みにも注目だ。

最終更新:10/18(金) 17:44
チケットぴあ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事