ここから本文です

ガッキーを追い込んだのは錦戸亮か 明るみになる“ゲスな過去”

10/18(金) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 9月30日にジャニーズ事務所を退所した元関ジャニ∞の錦戸亮(34)。自主レーベルを立ち上げたかと思ったら、11月5日からの全国ツアー開催を発表。鮮やかなスタートダッシュを切ったかに見えるが、これから真綿で首を絞めるように追い詰められていくことになりそうだ。

 そんな予兆を感じさせる記事を「女性セブン」(10月24日号)が掲載した。

 記事は「ショック! 忘恩の関ジャニ∞全面戦争」と題し、関ジャニ∞と同じタイミングで全国ツアーを開催する錦戸の無節操ぶりを非難する内容だった。しかし、“本当の爆弾”は同じ発売号の別のページに隠されていた。記事自体は新垣結衣(31)の近影を伝える内容で、女優の蓮佛美沙子(28)と2人で焼肉を食べたというだけの話だが、〈ガッキーといえば超が付くインドア派。2013年、当時関ジャニ∞の錦戸亮との交際を『フライデー』に報じられてからはその傾向がより強くなったという。買い物は通販頼りで、オフも家からほぼ出ない生活を送る「干物女」ぶりを自ら明かしていた〉と、新垣の“引きこもり”に言及した上で、さりげなくその原因が錦戸との破局にあったと指摘したのだ。

 さらに追い打ちをかけるように、驚くべき記事を13日付の「日刊サイゾー」が配信。タイトルは「新垣結衣、あの元ジャニーズとの交際がすっかりトラウマになり“干物女”と化した現在の姿」。女性セブンの報道を引用しながら、新垣が引きこもりがちになった理由として、〈錦戸に気に入られる女になろうと努力したものの、錦戸の夜遊びは治らずに破局。その後、錦戸が自分との“夜の営み”をあちらこちらで吹聴しているのが耳に入り、すっかりトラウマになってしまったようです〉とテレビ局関係者のコメントを紹介した。

 もし、この話が事実だとしたら、錦戸は最低限のモラルも持ち合わせていない“ゲス男”ということになる。新垣を遊んで捨てただけでなく、深刻な人間不信に陥らせたことになる。新垣のファンは錦戸を憎悪するのはもちろん、錦戸と距離を置こうとする女性ファンも出てきそうだ。

 錦戸との破局後も新垣は1年間に1本のペースで仕事を続けてきたが、今年の連ドラ出演はゼロ。ついにルーティンが途絶えた。TBSは16年放送の大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の続編を希望しているが、全ては“ガッキー待ち”の状態だという。

 錦戸がガッキーを引きこもりに追い込んだとすれば、その罪は重い。ジャニーズ事務所に砂をかけるように独立したことで、古傷が次々に蒸し返される事も想定される。ガッキー以外の“余罪”が明るみになるのは時間の問題かもしれない。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)

最終更新:10/18(金) 18:36
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事