ここから本文です

川崎希 AKB卒業翌日に会社設立「ホリエモンさんみたいな新しい社長像に憧れて」

10/18(金) 13:24配信

東スポWeb

 元AKB48で実業家の川崎希(32)が18日、都内で行われた子育てママの仕事復帰応援イベント「レディGo! Project」(東京都主催)に出席し、トークショーを行った。

 アパレルブランドを立ち上げ、エステやネイルサロンを経営して“億万長者”に成り上がった川崎は「ホリエモンさんみたいな新しい社長像に憧れて、AKBにいる時から自分も社長になりたかった。卒業の半年前から並行して準備を始め、卒業の翌日に会社を設立した。まだ20歳だったが、アポを取って洋服の工場を見に行ったり、ネットや本で調べて手探りでやった」と起業を振り返る。

 もちろん、夫のサポートも大切だ。ペルー出身のチャラ系モデル・アレクサンダー(36)は根っからの浮気性だが、出産を機に落ち着いてきたようで「完璧に家事をやってくれるので、不安なく仕事ができる。ありがたい。厳しく指摘しながら感謝の心を伝えるようにしている」という。世間では“ヒモ夫”と非難されながらも、相性がピッタリでうまくいっているようだ。

 育児には夫婦で取り組んでおり「子供を連れて行って楽屋で面倒を見たり、遅くから夫婦でテレビ収録がある際は、ママ友に連絡してシッターをお願いしている。育児にあたふたしていたら、ダイエットせずとも1、2か月で体重が戻った。出産前は仕事で無理して徹夜で頑張ったりしていたが、出産後は子供中心に考えることで健康的な生活が送れている」という。

 この日もアレクが付き添いで会場を訪れており「今は女性の時代なので、どんどん女性に働いていただき、男性は楽をする」と話して笑わせた。

 日々、充実のキラキラ生活をさらしている2人は、3年前からインターネットの匿名掲示板などで「流産しろ」「放火する」などの誹謗中傷や脅迫を受け続けており、情報開示請求をして書き込み者を特定したばかり。すでに今後、法的措置を取ることを明かしているが、この日、特に言及はしなかった。

最終更新:10/19(土) 22:51
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事