ここから本文です

「スペシャルアクターズ」中国などアジアで公開決定、上田慎一郎監督「楽しみ」

10/18(金) 20:30配信

映画.com

 [映画.com ニュース]上田慎一郎監督の「カメラを止めるな!」に続く最新作「スペシャルアクターズ」が10月18日、全国148スクリーンで封切られた。上田監督は大澤数人、河野宏紀、富士たくやらキャスト18人と東京・新宿ピカデリーで初日舞台挨拶を行った。

【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら

 昨年の映画界を席巻した「カメラを止めるな!」は都内のミニシアター2館でのスタートだっただけに、客席数約500の大スクリーンでの船出に「大阪で前売り券の手売りをやったけれど、まだ無名な子ばかりなので悔しいなと思うこともあった。でも今日からは胸を張って“スペアク”のキャストだと言えます」と声を張り上げた。

 約1500人が応募したオーディションで選んだ15人とワークショップを行い、それぞれに合わせたキャラクターを創造しストーリーを練り上げた。主演に抜てきされた大澤は「監督をはじめ、ここにいる皆のおかげで頑張ることができた」と感慨深げ。河野は、「僕が言いたいのは、ここにいる役者をこれからも覚えていてくださいということです」と言ってのけた。

 同作は、香港、マカオ、台湾、タイ、中国での公開も決定。上田監督は「『カメ止め』の時は外国の人が『ポンッ』の動画をいっぱい上げてくれて、海外にも届いたと感じた。国によってリアクションが違うから楽しみ」と笑顔。今度は、劇中に登場する宗教団体の掛け声「ムッスー」が世界に広がっていくことを期待した。

 出演者は口々に「行きたいです」「連れて行って」とおねだりし、櫻井麻七はうれしさのあまり号泣し、上田監督が「(日本で)ヒットしたらね」となだめる一幕も。そして、公開を祝って鏡抜きを行い「正直、これからどんな物語が起きていくのか。良ければ皆さんも一緒に参加して楽しんでほしい」と声をはずませた。

最終更新:10/18(金) 20:30
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事