ここから本文です

韓国首相、文大統領の親書伝達へ 懸案解決に「固い意志」

10/18(金) 5:41配信

共同通信

 【ソウル共同】天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に出席するため訪日する韓国の李洛淵首相が18日までに共同通信と単独会見し、文在寅大統領が安倍晋三首相へ親書を送る方針だと明らかにした。24日ごろの開催が調整されている安倍氏と李氏の会談で伝達する見通しだ。

 李氏は、文氏が元徴用工問題などの日韓関係の懸案解決に「固い意志を持っている」と強調した。親書ではこうした考えを伝えるとみられる。親書に加え、安倍・李両氏の会談も関係改善につながるかどうか注目される。

最終更新:10/18(金) 5:44
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事