ここから本文です

知英、特殊メイク100キロ級ぽっちゃり姿の自分にびっくり

10/18(金) 19:18配信

シネマトゥデイ

 女優の知英が18日、スペースFS汐留にて行われた映画『どすこい!すけひら』舞台あいさつ付き試写会イベントに出席し、特殊メイクなどで100キロ級のぽっちゃり女子になった自身の姿にびっくりしたことを明かした。イベントには共演者のりゅうちぇる、宮脇亮監督も出席した。

【写真】スタイル抜群の知映&笑顔も衣装もまぶしいりゅうちぇる

 本作は、画・たむら純子、原案・清智英の人気コミックを実写映画化。チョコレート好きでぽっちゃり体型の綾音(知英)が、ある事件をきっかけに誰もがうらやむナイスバディーを手に入れたことから起こる恋愛模様をコミカルに描く。

 推定体重100キロという女性を演じるために、ファットスーツや特殊メイクで撮影現場に挑んだ知英。撮影は昨年8月に行われ、「とにかく暑かったですね」と苦笑いを浮かべるが「特殊メイクをするのが初めてだったので楽しかったです。すごく時間がかかるため、朝早くからメイクに入るのですが、目を開けて鏡を見ると『誰?』というくらい別人になっていてびっくりしました」と特殊メイクの技術力を称賛する。

 とは言いつつも、劇中に登場する“ぽっちゃり知英”には彼女の面影がしっかりと残っている。宮脇監督もそのあたりはこだわったそうで「まったくの別人になってしまうのも嫌だったので、『どこかに知英さんの可愛らしさは残してほしい』というオーダーは出しました」と紹介した。

 綾音のよき理解者フレッドを演じたりゅうちぇるは、“りゅうちぇる役”以外で映画に出演するのは初めて。オファーを受けたときは「とうとう映画に出演させていただけるんだ」と感慨深かったというが、役名がフレッド・ミラーと聞いて「日本語しかしゃべれないのにどうしよう」と戸惑ったそう。それでも「セリフはすべて日本語だったので安心しました。なによりも皆さんがとても優しくて、とてもありがたかった」と感謝。特に知英とは一緒にヨガをやるなど交流を深め、「LINEを交換する手前ぐらいまで仲良くなりました」と発言して客席を笑わせていた。

 知英は「やっと皆さんに観てもらえる日が来ました」と客席を見渡すと「自分もできあがった映画を観て、勇気をもらえました。ある出来事で自分の人生がガラッと変わる瞬間って誰にでもあると思います。この作品も『また頑張ろう』と思ってもらえる映画になっていると思います」と力強く作品をアピールした。(磯部正和)

映画『どすこい!すけひら』は11月1日より全国公開

最終更新:10/18(金) 19:18
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事