ここから本文です

鹿児島産の紫芋使った期間限定食パン 仲町台のブルーコーナーで

10/18(金) 11:30配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 鹿児島・種子島産の紫芋を使った「むらさきいも食パン」の限定販売が10月14日、横浜・仲町台のパン店「ベーカリーリゾート ブルーコーナー」(横浜市都筑区仲町台1、TEL 045-342-8603)で始まった。(港北経済新聞)

 「世界の魅力をパンで伝える」をコンセプトに、国内外のさまざまな食文化や食材を取り入れたパンを月替わりで展開している同店。週2日の店頭販売と他店舗や各種イベント向けのパンプロデュースを行っている。

 今月のテーマは「広島&九州&沖縄」で、広くこのエリアにちなんだ各種限定パンを企画した。「むらさきいも食パン」は生地に紫芋を練り込み焼き上げた食パン。芋の自然な甘さが特徴で、トーストすると焼き芋のような香りも楽しめる。価格は1斤490円。

 同店プロデューサーのハンマーさんは「シフォンケーキのようなふわふわの食感を楽しめる。ナチュラルな甘さもあるので、アイスクリームと合わせてスイーツとして食べるのもおすすめ」と話す。

 販売は11月10日まで。営業時間は毎週日曜日・月曜日の10時~17時。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:10/18(金) 11:30
みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ