ここから本文です

「めぐるりアート静岡」19日開幕 彫刻家御宿さん、最終確認 

10/18(金) 9:17配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡県ゆかりのアーティストらが静岡市内4会場で作品を展示するアート企画「めぐるりアート静岡2019」(県立美術館、静岡市美術館、静岡市主催)が19日、開幕する。会場の一つ東静岡アート&スポーツ/ヒロバ(同市葵区)では17日、彫刻家御宿至さん(70)=富士宮市=が高さ8メートルに及ぶ作品の最終確認を行った。

 「めぐるりー」は2013年に始まり、ことし7回目。初参加の御宿さんはJR東静岡駅北口の芝生広場に、断面がH形の鋼材、重さ4トンの波消しブロック、線路の枕木などを組み合わせた重量感あふれるインスタレーション(空間的芸術)を構成した。「かつて貨物駅だったこの場所の記憶、DNAを現在につなげたい」と創作の端緒を話した。

 県立美術館、静岡市美術館、中勘助文学記念館でも展示を行う。東静岡以外は22日に開始し、全会場11月10日まで。御宿さんのほか美術家千葉広一さん(52)=静岡市葵区=、美術家堀園実さん(34)=同清水区=、画家小左誠一郎さん(33)=焼津市=ら全8組が参加する。会期中は小梳神社(静岡市葵区)などでパフォーマンスや関連イベントを実施する。問い合わせは静岡市文化振興財団<電054(255)4746>へ。

静岡新聞社

最終更新:10/18(金) 9:17
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ