ここから本文です

大阪偕星・坪井メジャー挑戦も 大リーグ球団が獲得調査

10/18(金) 7:30配信

デイリースポーツ

 最速145キロ右腕の大阪偕星・坪井悠太投手(17)が、メジャーに挑戦する可能性が高まっていることが17日、明らかになった。すでに大リーグの球団スカウトが視察に訪れてプレーを確認するなど、獲得へ向けて調査を進めている。

【写真】阪神育成1位の小野寺 悔し涙「母子家庭なので育成と支配下では全然違う」

 身長181センチ、体重85キロのどっしりとした体格から投げ込まれる重い直球に加え、変化が大きいスライダーとナックルを駆使。三振を量産する本格派だ。

 坪井の評価が高まったのは、2年秋の大阪大会。準々決勝・大体大浪商戦で9回1安打10奪三振の完封勝利を挙げ、ドラフト候補として注目されることとなった。

 また、広角に打ち分けられる高い打撃センスも持ち合わせ「3番・外野手」として出場することもある“二刀流”。山本セキ監督(51)も「どっちでもやっていける可能性があるプレーヤー」と期待を寄せている。

 今回のドラフト会議で指名されることはなかったが、「坪井」の名がメジャーの舞台でコールされる日が来るかもしれない。

最終更新:10/18(金) 8:29
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事