ここから本文です

大韓体育会会長、日本側に旭日旗や放射能など東京五輪巡る懸念伝達

10/18(金) 16:12配信

WoW!Korea

大韓体育会のイ・ギフン会長が日本オリンピック委員会(JOC)委員長に会い、旭日旗使用、竹島(韓国名:独島)表記、放射能の安全性など2020年東京オリンピックを控えて問題となっている事案に対する懸念を示した。

 イ・ギフン会長は17日(以下、現地時間)カタール・ドーハで、山下泰裕JOC委員長と会談した。2020年東京オリンピックで懸念されることに対する意見を伝えるためだった。特にイ・ギフン会長は大会競技場内への旭日旗持ち込みの懸念を強く伝えた。

 またイ・ギフン会長は中国オリンピック委員会(COC)代表団とも面談した。この席で去る9月27日、大韓体育会からCOC側に送った「東京オリンピック旭日旗反対共同対処提案」書信についても、肯定的に検討しているとの回答をもらった。

最終更新:10/18(金) 16:12
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事