ここから本文です

阪神・矢野監督「ガッツポーズしていいよ」指名あいさつで西ガッツを歓迎

10/18(金) 13:52配信

デイリースポーツ

 阪神からドラフト1位で指名された西純矢投手(18)=創志学園=が18日、岡山県岡山市内の同校で矢野監督、畑山統括スカウト、永吉スカウトディレクター、山本スカウトから指名あいさつを受けた。

【写真】阪神育成1位の小野寺 悔し涙「母子家庭なので育成と支配下では全然違う」

 矢野監督からあいさつを受けた西。「このたびはご縁がありまして。よろしくお願いします。やってくれるやろうね(笑)」とファーストコンタクトを交わし、終始穏やかな雰囲気であった。

 ドラフトから一夜明け、さらに実感が湧いてきた。指名あいさつを受けた西は「(矢野監督から)すごく色々な話をしていただいた。自分から『ガッツポーズしていいよ』と言って頂いた」。チームもガッツポーズなどをしているだけに、再び、甲子園でガッツポーズする姿が見られそうだ。

 阪神でプレーする西勇輝投手の遠縁。曾祖父の血縁がつながっている。だからこそ意識する存在でもある。昨日、西勇輝がインスタグラムで「楽しみ」と投稿。西純矢もそれを確認したという。「ようやく関わらせてもらうというのは楽しみなので、色々と吸収してやってきたい」と決意を口にしていた。

 担当の山本スカウトも「(将来的には)ローテーションの先発完投で。侍ジャパン、タイトル争いができる素材だと思っています」と十二分に期待を込めた。

 創志学園では1年春からベンチ入り。2年春から背番号1を着け、エースとなり同年夏の甲子園に出場。1回戦は創成館相手に16三振を奪う快投を見せ、チームを勝利に導いた。その際もマウンド上でのガッツポーズは代名詞となった。今夏のU18でも4試合に登板していた。座右の銘は「一以貫之(いちいかんし)」。プロで活躍を思い描く、右腕が自らを信じ、縦じまのユニホームでエースを目指す。

最終更新:10/18(金) 15:40
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事